輸入住宅情報館

輸入住宅とは

輸入住宅は、海外の製品を使用して建てられている住宅のことです。

海外の設計思想を用いり建てられた家は、居心地がよく機能性が高いと言われています。

またデザインや快適さはもちろん、断熱性、気密性、遮音性、耐久性、耐震性にも優れている部分も人気を集める魅力となっています。

しっかり乾燥した木材を使用することで、防腐、防虫効果も高く、3代まで安心して生活することが出来る家です。

北欧式は、デザインがシンプルで自然との調和を大切にしている住宅で、北米式は、デザインが多彩で耐久性が高く住宅になっています。

台風やハリケーン、暑さや寒さに強い輸入住宅は、日本の風土にも適しているため、快適なライフスタイルを作ることが出来る新たな住宅です。

特徴

輸入住宅は、海外の設計思想と海外の資材やパッケージを輸入して住宅を作ることです。

日本の住宅の設計とはまったく違った考え方で造られており、デザインや間取り、性能などに違いがあります。

住宅のモジュールにも違いがあり、輸入住宅は日本よりも基準が多く取られているため、部屋の広さや窓の大きさ廊下の幅などに違いがあるようです。

しかし輸入住宅をそのまま使用することは少なく、日本の文化を取り入れた設計にする必要があります。

輸入住宅は、海外の設計思想をアレンジして日本のライフスタイルに合わせて造られているのです。

すべてが輸入ではないですが、大半の資材を輸入していることで、輸入住宅と呼ぶようです。

アメリカの輸入住宅

アメリカの輸入住宅は、オシャレなデザインと開放的な室内空間が魅力となっています。

気候の異なるアメリカの輸入住宅が人気の理由は、住宅機能の高さにあると言えます。

地震や台風などの外からの衝撃に強く、住宅にかかる負担を最小限に抑えることが出来ます。

上枠や頭つなぎ材をファイヤーストップ材にすることで、防火区域を形成し延焼を遅らせる働きがあります。

アメリカで生まれた2×4工法は、気密性や断熱性にも優れており、換気機能を保つことで住宅内の温度が外の温度に左右されることが少なく、安定した温度を保つことが可能になっています。

アメリカの輸入住宅は、狭い敷地でもレーシック 大阪広い間取りの住宅を造ることが可能なため、敷地に関係なく快適な暮らしを送ることが出来ます。

お気に入りサイトの紹介

無添加化粧品サラヴィオ
コラーゲン
ポーラ公式

Copyright 輸入住宅情報館 2012